調律師の声

いつまでも追求する「良い音」。
山口県勤務 長谷川晃
(36期生)

カワイピアノテクニカルセンター(現カワイ音楽学園)を卒業して22年になります。

現在はMPAという社内資格を取得して、一般のご家庭の他に、ピアノの先生のお宅や学校、コンサートホールなどの調律をしています。

ピアノを良い音で鳴らすためには、きちんとした調律や整調といった作業がとても重要です。一つ一つの作業を丁寧に行い、自分のなかで理解が深まればまた違った視点でピアノが見えてくるとても奥の深いやりがいのある仕事です。自分の行った調整でお客様に喜んで頂いたときは、本当にうれしく思います。
そんな調律の基礎を学べるのが「カワイ音楽学園」です。一年間という短い期間に技術と知識を習得するので、かなり濃密で忙しい一年になりますが、卒業する時には、自信をもって仕事ができる力が備わっています。

これから調律の道を目指される皆さんと共に仕事ができる日を楽しみにお待ちしています。

*掲載内容は、2019年4月時点の情報です。所属および文章の内容等は、現在と異なる場合がございますので、ご了承ください。