調律師の声

少人数制の短期集中で充実した日々でした。
北海道勤務 松田直人
(52期生)

カワイ音楽学園 調律学科は「調律師になりたい」という同じ目標を持った人が全国から集まるため、さて勉強しよう!練習しよう!という気持ちのスイッチがとても入りやすい環境です。

また、少人数制のため、先生や同期との距離感も良い意味でとても近く、授業だけでは理解・習得しきれないことが出てきた場合でも、朝練習や放課後練習などで確実に補っていくことができます。

そして、学園生活はたったの1年間です。短いとも思えるこの期間だからこそ、短期集中で充実した日々となります。

その間は筆記試験から実技試験まで次々山があるため、非常に忙しく大変な時もあるかもしれません。

ですが1年間、積極的に努力をすれば、一通りの基礎的なピアノの知識・技術は身に着けることが可能です。

調律師に必要な感覚は専門的な勉強をしなくては身に付きません。

逆に言えば専門的な勉強をした経験の無い人は皆スタートラインはほとんど一緒です。

例えば、私の同期は、音大のピアノ科を出てきた人もいれば、吹奏楽や弦楽器をやっていた人、バンドマン、社会人経験者もいましたし、私のようにピアノは中学までで辞めてしまい、その後運動部だったようなタイプもいます。皆同じく、スタートは何も分からないところからでした。

時々、お客様に調律師は特殊な才能が無いとできないようなハードルの高い仕事のイメージを持たれていることがありますが、決してそんなことはありません。調律に必要な音感や技術はカワイ音楽学園で習得できます。

*掲載内容は、平成30年2月時点の情報です。所属および文章の内容等は、現在と異なる場合がございますので、ご了承ください。